秋期講座最終日リポート


(上写真 午前クラスの皆様)

ヴォーグ学園2017年秋期講座を無事に終えました。

持ち手のコバ塗りに、底板に底鋲もつけてエルメスのバーキンさながらの超本格派!
難易度の高い手縫いのバッグ、皆さんとーっても根気良くがんばりましたね!!!
大変お疲れさまでした。


(上写真 午後クラスの皆様)

それぞれに工夫された、素敵な色のバッグたち、まるでお店で売っているような仕上がりで、感激いたしました。縫い目が凸凹だなんて言う方もいらっしゃいましたが、自分で縫い上げると、細部が気になってきちゃうんですよね。でもぜーんぜん大丈夫です。

今回はいつもよりも表面がパリッとした仕上がりの牛革を使いました。
マチが広いので、バッグを置くと直立安定しています。

生徒さん方の縫い上げられた作品たち、一部だけご紹介させてください。
黒革。持ち手の縫い付けがユニークで素敵です。

こげ茶のコバと白い糸が、カジュアルなのにとてもエレガント!

ワインレッドと黒のツートーン。お見事な組み合わせでしたね!

赤もいいですね。手縫いには見えない美しい仕上がり!

オープンファスナーなので、大きく開口して、中身が一目瞭然!使いやすいんです。

黒にピンクの裏地が可愛いっ。

花柄の裏地もいいですねー!!!

穴数があわなーい!なんて皆さん悲鳴を上げておられましたが、なんとか形になってほっとしています。苦労して作った分、長い人生を共にできる相棒になるのでは?可愛がってあげてくださいね♥

ご参加くださった親愛なる皆様、大変お疲れさまでした。
そしてご参加どうもありがとうございました。

今回のバッグは、KRONOS BOSTON BAGとして、ayay new york tokyoでも販売しているスタイルです。お仕事バッグには最適です。ホームページでの販売も予定しておりますので、時々チェックしていてくださいね。

素敵な週末を!