ayay革仕事*桐の花

お花の9部作を製作中です。そのうちの一つは桐の花です。うちの最寄り駅の前には大きな桐の木があります。桐の花はシルエットが美しく、花の季節が過ぎても、青空にも曇り空にも映えて、年中楽しませてくれます。実が色も形もラクダの口みたいだぞと、通りすがりに桐にむかってつっこみをいれるのが秋の楽しみです。

鈴なりに咲き揃う桐の花は、ラッパ状に外側に向かって花びらが反り返っているのが可愛く特徴的なのですが、革だけだとどうも表現に欠けるんです。そこで、刺繍糸で躍動感をつけてみました。