AW2018 鳥の歌 花の詩

おたませいたしました。
ayayの新作が日本橋三越本店本館1階ハンドバッグに登場いたしました。

今回のテーマは、「鳥の歌 花の詩」

創作の源である「色」は追うほどに神秘的で謎に満ち、理屈を超えた美しさで、その魅力は無限大です。今回は、秋冬の季節に恋しくなる、艶やかな色彩をバッグに集めました。

今回もまた、デザイナーの私が自身がすべてレザーアート部分を製作いたしました。作る過程で、色がどれほど元気付けてくれたことか!始終、エネルギーに満ちた製作となりました。この満ち足りた喜びが多くの皆様に伝われば嬉しいです!!!

以前作ったことのある「朱鷺」をどうしても作りたいと思いました!

「孔雀」は永遠のアイドル!彼はとてもフォトジェニックなので構図を考えるのがとても楽しいです。

革をカッターでカット & 貼り付けし、ミシンで一ミリおきに縫いました。

今回の新作の密かな魅力は、、、

中身の裏地なんです!!!開ければ気持ちの上がる鮮やかな色の革が施されています。

どうぞお手にとってご覧ください。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

デザイナー逢坂は店頭には立っておらず、お目にかかれませんが、バッグのご感想などございましたら、気軽にお声がけいただければ幸いです。

逢坂 綾