京の桃源郷

桜前線が北上し始めると、思いを馳せるのがこの場所のことなのですが、4月の上旬、思い切って日帰りで足を運んできました。京都の洛北にある庭園「原谷苑」です。

360度、何処を切り取っても花、花、花。

ここは桃源郷か…

桜はもちろんのこと、木瓜、山吹、桃、利休梅、椿、馬酔木、ミツマタなど春の花が目白押しで咲いています。陽が差すとやや暖かい、のどかな春の日でした。

しかし、花より団子ですね!色彩に酔いしれ、弁当の箸がすすむ。デパ地下で美味しいお弁当と呑み物を買おうと最初から計画。京都駅に到着するや、まず伊勢丹に直行しました。

今年よりも10日ほど遅れの日程で訪問した一昨年の風景はこちらです。桜の花びらが風に舞い、日差しがより春めいて新緑の兆しが見え、花海棠、石楠花などエネルギッシュな花が主役になる季節に移り変わる時です。

はー、ここは桃源郷か…虫の勢いも違います。数日の違いがこれほど世界の色を変えるとは、太陽エネルギーのすごさを感じます。

花を全身で浴びたくなった時、リフレッシュしたい時、
いいえ、毎年訪ねたい場所です。