【保存版】花のコサージュの作り方

[キットの内容]

革:花びら12〜16枚、雄しべ1枚、葉面、葉裏(ピンorゴム付き)
針&ロウビキ糸

[ご用意いただくもの]

目打ちやクジリなど
接着剤(木工用のボンド、セメダインなど)

(1)花びらを二つ折りにする

(2)左右の折りたたむ順番を統一して、三つ折りにする。(写真は左→右の順番)

(3)三つ折りにする。

(4)ロウビキ糸を通した針を準備する。折りたたんだ先端から5mm幅の所に目打ちで穴を開ける。目打ちは引っこ抜かずさしたままキープ!

(5)目打ちを引き抜いた瞬間にすぐに針を刺す。

(6)三つ折りの輪の側を揃えて、花びらをもう一つ通す。

(7)花びらの半分の数(6〜8枚)同じように通す。

(8)雄しべを端からきつめに巻いて、片手で解けないように押さえておく。

(9)片手で目打ちを持ち、切れ目のない側の5mmの幅のところ、出来るだけ真ん中に目打ちを刺し、目打ちを引っこ抜いた直後に針を刺して通す。

(10)三つ折りの輪が反対側になるようにロウビキ糸を通す。

(11)花びらの残り半分に全てロウビキ糸を通す。

(12)三つ折りの輪が外側を向き、図のように8の字になるように、雄しべの穴に針を刺し戻して通す。

(13)ゆっくりと糸を引っ張って、花びらを中心に集める。

(14)裏返し、花びらが均等になるようにする。
*注意!ここでは糸を結びません。

(15)こんな感じ…もう一息!

(16)何も付いていない方の葉を準備する。幅が太い方が根本。根本の先端から1cm幅の所に穴を2つ開ける。穴の幅は5mm程度。葉の表側から2つの穴それぞれに糸を通す。

(17)葉の裏側で固結びし、糸を切る。

(18)2枚の葉それぞれの裏側に接着剤をつける。

(19)葉を貼り合わせる。

(20)ピンセットなどを使って、しっかりはり合わせる。完全に乾かすまで放置する。

(21)折りたたまれた花びらを一枚ずつ開いてグチャグチャに折ると可愛くなります!

(22)完成!!!お疲れ様でした。